自分だけの年賀状を作って印刷

パソコンをお持ちで、家庭で楽しく利用していらっしゃる方はたくさんいらっしゃいます。メールやインターネット、年賀状作成やデジカメで撮った写真を保存したりなど、その用途は様々です。また、作成した年賀状の印刷やデジカメの写真印刷のためにプリンターをお持ちの方も増えています。印刷スピードも速く、画質も綺麗な家庭用プリンターが安く入手できるようになりました。パソコンが苦手な方でも、年賀状や暑中見舞いくらいなら簡単な操作で作成できます。


メーカー製のパソコンなら専用ソフトがプリインストールされていますし、毎年使うものだから作成ソフトを購入しても良いでしょう。年賀状作成の簡単な手順を説明します。まずは差出人となる自分や家族の名前と住所を入力します。次に宛名、宛先となる住所録を作成します。年賀状を出したい人達の名前や住所を入力していきます。大変な作業だと感じるかもしれませんが、これは最初の一回だけです。そして、年賀状のデザインを考えます。ソフトに付いている画像を利用しても良いですし、毎年秋頃になるとフリーで使える年賀状のイラストなどがネットで公開されるので、それを利用しましょう。デジカメの画像を加工してかわいいフレームなどで彩れば、自分だけの年賀状用の画像になります。イラストが得意な方は、ペイントソフトなどで書いても楽しいです。


年賀状の挨拶文を考え、入力していきます。毎年、年賀はがきに書いている文章を入力するだけなので、簡単です。イラスト等の画像と挨拶文をレイアウトして、年賀状のデザインを整えます。文字の大きさやフォント、色を変えるだけで素敵なデザインになります。色々といじって試してみるのも面白いです。自分の好みのデザインになったら、後はプリンターで印刷するだけです。画像や文章を変えるだけで、暑中見舞いや挨拶状なども簡単に作成できます。ワープロソフトの使い方を覚えたら、文書作成の幅が広がります。年賀状もワープロソフトで作成できますし、住所録と連携させることも可能です。イベントのチラシを作ったり、小冊子の作成、名刺の作成だって可能です。料理好きの方におすすめなのが、ネットの料理レシピを印刷することです。材料や作り方の手順が写真入りで説明されているので、とても便利です。作りたいレシピを見つけたら、プリントアウトしてファイルなどにまとめます。ご飯物、肉料理、魚料理など、自分なりに分類しておけば、レシピ本の代わりになり、料理のレパートリーも広がります。